10:00~18:00
水曜日
2020年06月09日
【起業 開業 店舗運営 お役立ち情報】

ビジネスフォン・固定電話・交換機(PBX)

固定電話の時代背景による影響

固定電話番号を取得するには、電話回線を引くための電話加入権をNTTから購入する必要

があったのですが、現在の市場ではそのコストメリットの薄さから、ほとんどが

加入権0円ベースで、ISDN回線、アナログ回線、光回線など多様なプランの中から選択

するという時代になっています。

また、スマートフォンをはじめとする携帯電話の急激な普及により、自宅の固定回線

や法人の固定回線の不要を検討する動きも高まっているように感じます。

また、通信速度の改善や進化により、低コストでクラウドフォン(PBX)が使えるよに

なり、社外にいながら自身の携帯から顧客へ法人番号で電話できるなど、経費削減に

興味があるけど、進化についていけない担当者さんも多いのではないでしょうか?

大まかにその用途や金額についてみていきましょう。

 

電話回線の種類や料金形態について


【アナログ回線】

・昔からある電話回線(権利あり・なし等)

・1回線で同時に1通話のみ利用可能

・複数回線必要な場合コスト×

【デジタル回線】

・INSネットの「ディジタル通信モード」通称ISDN回線

・光IP回線

・IP電話(3G/4G)

【直収電話】
・いわゆるNTT以外の通信事業者の電話に変えるという意味合いを持ちます。


・特定の通話が無料など、コスト面でメリットがある反面、フレッツ○○など

NTTのサービスを使えなくなる、従来の電話(ビジネスフォン)機が使えなくなる

などの可能性が出てくるので、法人で利用する場合、コピー機、FAX等周辺機器含め

注意が必要です。

 

IP電話とは?


IP電話とは、固定電話の回線の代わりに、インターネット回線(3G/4Gやブロードバンド)を利用した電話です。インターネットプロトコルの略

インターネット光を利用した回線もあり、サイトによってはIP電話にまとめられたり

光IP回線といった表記になっていたりします。

(Internet Protocol)と呼ばれる技術を利用して通話を行います。インターネット回線が繋がっていると通話ができるので、面倒な工事が不要。従来の電話技術に比べ、安価であるという特徴を持ちます。

またスマートフォンで利用するIP電話アプリも普及してきています。

Skype・LINE電話などがそれにあたり、相互でアプリを取得することにより

番号無で通話が利用できるという特徴があります。品質は周辺の電波に依存しますが、

ハード(携帯機器等)があれば、基本無料で通話ができるという利便性を持ちます。

【050・0800・0120・090・080・070】市外局番との違い

【0120・0800】

・一般的に企業がお客様負担(通話料金)なく電話を受ける、掛ける際に利用。

【050】

IP電話番号に使われる番号。※1.例外あり

【090・080・070】

携帯電話番号として割り当てられている番号。

【市外局番】(0ABJ番号)

東京03・大阪06・名古屋052などエリアごとに割り当てられる番号。

 

※1.IP電話であっても03や06といった番号も使用できる場合があり、

 代理店によるサービスや料金体系が異なる。

 

番号から判断できる項目としては、通話品質(スピード、安定性)になります。

総務省が基準を出していて、

【市外局番】⇒【携帯】⇒【IP電話(050)】

の順に品質基準があるようです。

 

クラウドフォンとは?

ネット環境の進化により、ネット上の倉庫であるクラウドが様々なビジネスシーンで

活用される時代になりました。

ビジネスフォンでも業種によっては切り替えが進んでいるようです。

【特徴】※詳細各サービス提供会社により異なる

・個人のスマートフォンを利用して、会社番号で発着信。海外にいながら、法人代表番号から発信することもできるサービスも!?

・フリーダイヤル・0ABJ番号(03-××、06-××など)も可能!

・本社・支店・自宅・外出先への内線通話OK!

・営業時間の設定あり

など、従来のビジネスフォンでできたことは基本すべてでいる+αでコストメリット

盛りだくさんな内容になっています。リモートワークに注目が集まる中、料金体系

と自社活用法をチェックして時代の進化に必死についていき、削減できるコストは

削減していきましょう!

 

arrow_upward