10:00~19:00
水曜日
2019年10月13日
【大府市・東浦町の地域情報ブログ】

東浦町と東京を繋ぐバスは「ドリーム知多号」だけではなかった!元祖はこちらだ!「知多シーガル号」も憶えて下さい!

JR緒川駅から夜毎に1本のみ発車する、秘密めいていてちょっとワクワクする、

東京行き夜行バス「ドリーム知多号」について、

以前にご紹介しましたが、さらに調査を進めてみましたら、新たな発見がありました。

2007年6月15日から、東京行きの直行バスが、昼行便・夜行便の各1往復が運行開始されていて、当初は両便共に「知多シーガル号」の名称だったのですが、

2019年6月1日より、昼行便はそのままに、「知多シーガル号」

夜行便は新たに、「ドリーム知多号」での運行開始となったのでした。

早朝出発の「知多シーガル号」は、「ドリーム知多号」と違い毎日運行ではありません。運行曜日を確認の上、ご予約下さい!

東京行き夜行バス「ドリーム知多号」が、1日1本の夜行バスという事で、私は勝手にストーリーを膨らませて楽しんでいたのですが、実際には夜行バスだけではなく、早朝からの便も存在していて、それが「知多シーガル号」だったのです。

ただし、「ドリーム知多号」とは違って、東京ディズニーランドまでは運んでくれません。

上記の路線図の通りですが、名鉄河和線知多半田駅から名鉄知立駅までの間、緒川駅などを経由して、東京駅、新木場駅までの直行便の高速バスです。

毎日休まず運行する「ドリーム知多号」と違い、運行の曜日が限定されています。

【注意】東京方面への上り:月、土、休日のみ運行

       知多方面の下り:金、土、休日のみ運行

東京方面への上りは、緒川駅を早朝の6時40分頃に出発して、東京駅日本橋口には12時過ぎに到着。

知多方面への下りは東京駅八重洲南口を17時40分頃に出発して、23時前に緒川駅に到着します。

運賃は閑散期と繁忙期で違いはなく、5000円程で「得割」の利用で4000円程になります。詳しくは、ジェイアールバス関東ホームページ

「知多ドリーム号」が深夜の運行で、女性が安心してゆっくり眠ることができる様に、女性専用席が設けられていますが、深夜運行ではない「知多シーガル号」には、女性専用席の用意がありません。
この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、23年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
arrow_upward