10:00~19:00
水曜日
2019年05月05日
【終活を考えるブログ】

【大府市】高齢者向け宅食サービスを調べてみた件

昨日に引き続き、高齢者向け宅食サービスについて調べてみました。

本日は大府市についての調査結果です。

大府市のホームページによれば、

宅食サービスとは、ひとり暮らし高齢者及び高齢者世帯の健康増進

安否の確認を図るため、各家庭に食事を配達することであり、

その対象は、老衰、心身の障害、傷病等の理由により、買物や食事を作ることが困難

な世帯(食の自立に向け、他の福祉サービス等との調整をします。) であり、

利用料は、実費負担(1食300円又は550円のいずれかのメニューから選択できます。)

となります。

大府市で利用することができる配食サービスを調べてみました。

高齢の親をもつ団塊ジュニア世代に高齢者向け宅食サービスについて知ってもらいたい。

大府市福祉子ども部 高齢障がい支援課 TEL0562-45-6289へ問い合わせたところ、

現在、大府市の配食サービスを委託された業者は4社ありました。

デイパーク大府

さわやか愛知

ネットワーク大府

宅配クック123

宅配クック123は、東浦町へも配食サービスを行っている、高齢者専門の

宅配弁当業者であり、1食単位で注文出来て、年中無休、とても利用しやすい業者です。

その他の3社は、介護サービス事業を主な事業とする事業者で、介護施設で提供する

栄養バランスに配慮した食事を配食サービスとしても提供しているようです。

この他にも大府市で誰もが利用できる宅食サービス業者は以下の通りです。

生活協同組合 コープあいち(コープの夕食宅配)

ワタミの宅食

セブンイレブンのセブンミール



arrow_upward