10:00~19:00
水曜日
2018年02月23日
【事業用賃貸】

定期借家契約

賃貸借契約において、契約期間についての種類があることをご存知でしょうか?

・普通借家契約

・定期借家契約

賃貸物件を借りたことのある大半の方が普通借家契約で契約を結んでいる事で

しょう。

定期借家契約は2000年3月に設定され、いまだ使用率、認知度が低い(平成25年度の

定期借家契約4%※住宅に限る)ままになってはいますが、

徐々に条件に追記され、現在物件を探されている方は目にしたことがある

のではないでしょうか。

 

今までの常識(普通借家契約)と何が違うのかを見ていきましょう。

 

普通借家契約とは

賃貸物件を契約された経験のある方はご存知と思いますが、

【賃貸物件】には【契約期間】が存在し、借り続けたい場合【更新】が必要です。

普通借家契約の場合、更新時に更新料を払い(契約時に特約にて設定)契約を

継続、または、連絡なしの自動更新など、特に貸主の合意を更新毎に確認しません。

 

理由としては、法により貸主は正当な理由がない限り、契約の更新に応じなければ

ならないことになっています。

 

ここで言う正当な理由とは、借金をして物件を手放さないといけない、自身が住む

場所として使用せざる負えない。など物件オーナーとして成り立っていけないような

理由です。建て替えや、用途変更など有益利用のために、人の住まいを安易にとり

あげてしまう事のないようにしているようです。

定期借家契約とは

一般的な認識として、一定期間の賃貸で、期間満了とともに返さなければいけない。

貸す側にとってだけ有利な契約。文字だけ読むとそう感じるのですが、

実際はそれだけではありません。

それに上記のようなケースでも、需要と供給のバランスがとれれば、有効的な契約

になります。例えば

【貸主】

・マンションの一世帯だけを貸したい人や、転勤などで自宅を一定期間だけ

 貸したい人

【借主】

・期間は決まっているので予算(初期費用や賃料)を安く抑えたい

 

では、家を購入したいが予定は未定、単身赴任で仮住まいを探しているが任期が

決まっていない。生涯賃貸と決めている、テナントを借りたいが返す時期

は経営次第・・・・・

 

など、借りる時点で返さなければならない事が決まっていると困るもしくは

なんとなく嫌だ。と思う人も少なくないでしょう。

 

 

・定期借家契約の条件

【種別】  住宅、事業用物件

【契約形態】書面(契約書)

【通知義務】契約期間1年未満:必要なし

      契約期間1年以上:期間満了の1年前から6か月前(貸主⇒借主)

【中途解約】床面積200㎡以下:1か月前の申し入れにて可能※1

      上記該当なし物件:特約にて追記可能

【再契約】貸主、借主双方の合意の上可能。条件については契約時の特約に従う

 

※1 転勤、療養、親族の介護その他のやむを得ない事情により、賃借人が建物を自己の生活の本拠として使用することが困難となった場合です〈法律上の規定であり特約がある場合は特約に基づき申し入れをする〉

・メリット・デメリット

利害が一致するケースは説明する必要もありませんが、それ以外のメリットは

〈貸主・オーナー〉

・土地利用・物件利用を計画的に行える

・公的秩序に反する行為(ごみ捨てマナー・騒音など)の抑制など

・強制退去(立ち退き料)や裁判費用・時間の浪費がなくなる

〈借主・入居者〉

・短い期間での利用が可能(1年未満など)

・契約期間が5~10年と長期にわたる場合でも、更新手続きの必要がない

・賃料減額交渉しやすい

・集合住宅の場合、迷惑行為をする入居者がいすわることがない

 

今後の展開

今後のことなので、個人的な意見も含まれますが、

 

海外での居住経験がある方は常識的に定期借家契約を受け入れる傾向にあります。

日本人は良くも悪くもいい人が多いので、【借りたら返す】【時間(期日)を守る】

【料金は滞納しない】方がほとんどだと思います。

 

しかし、わずかですが悪人がいることも事実です。

家賃を最初から払わず、立退料目当てで賃貸物件を転々とする。集合住宅で騒音や

ゴミ出しルールを守らず、近隣に迷惑をかけ続け、迷惑をかけているほうが

居座り、かけられたほうが出ていく。

 

時代背景や業界の問題に合わせて様々な新しいルールが出てきますが、

いままでも

・保証人⇒保証会社(物件による)

・礼金2か月⇒礼金なし(物件による)

などがあります。

・【普通借家⇒定期借家(物件による)】

に常識が変わるのもそう遠くありません。

いずれも貸主(オーナー)と借主(入居者)両方の利益を追求し考えられています。

 

注意しなくてはならないのが、法律や規律はあくまで

『全体のことを考えてつくられている』

ということです。

 

自身の環境や状況に合わせてベストな選択をしていきましょう。

特に不動産は専門知識が必要なことが多いので、不安なことはすぐに質問して

くださいね。

 

 

 

【ロコスト不動産】 お問合せ先⇒TEL:0562-85-3671

クリックして希望条件登録!!
希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
希望条件登録
クリックして希望条件登録!! 希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
空室物件検索【事業用】
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
この記事を書いた人
筒井 幸平 ツツイ コウヘイ
筒井 幸平
事業用(テナント・工場・倉庫)賃貸は居住用と違い、数も少なく収支も関係してくるので、現状ある中から選ぶというわけにもいきませんよね。
愛知県内の情報はできるだけ早く、貴方(御社)にとって有益な情報をできるだけ早くお届けします!!どうぞよろしくお願いいたします。
【経歴】 1981年9月30日生まれ 2児のパパです!
出身地:静岡県
最終学歴:日本体育大学・横浜医療専門学校
2017年6月:日テレ特番【DIET VILLAGE/ダイエット・ヴィレッジ】出演   
arrow_upward