ロコスト不動産㈱賃貸住宅管理の大家さん
10:00~19:00
水曜日
2019年07月20日
【事業用賃貸】

店舗の内装工事を誰に頼むかは、開業するにあたり重要な事項です。軽視してはいけません!

店舗の内装工事を誰に頼むにしても、共通する注意事項は、見積りに時間をかけたくても、多くの貸主はそれを待ってはくれないという事。(自己所有の店舗や長期空室の不人気店舗を除く)契約の意思を早く書面で提示する方しか、貸主は相手にしてくれません。

そのためには、店舗のラフプランくらいは事前に準備しておきましょう。お手本とする既存店の写真なども施工業者との話合いでは必要です。相見積りをしたいなら、同日にn何社か時間をずらして依頼するくらいの調整能力が必要です。

誰もが興味を示す、好条件の貸店舗を借りて独立・開業したいなら、先ずはこの事を意識する必要があります。

身内・知り合いに頼むメリット・デメリット


身内や知り合いが工務店を経営していることで、独立・開業をすすめられたり、身近なものと意識している、起業家予備軍の方は多いのではないでしょうか?

業種にもよりますが、独立・開業にあたり、店舗を構えて不特定多数の方を迎え入れるご商売での起業であれば、店舗の内装・設備・什器類には大金が必要になります。

その一部分である内装工事費を気心の知れた身内や知人にお願いできれば、通常よりは安く請け負ってくれるだろうとの考えが働くことでしょう。それが独立・開業の後押しとなり、独立・開業した方も多いのでは?

身内や知り合いに内装工事を依頼するメリットとして、

①始めから信頼関係がある。⇒一番のメリット!

②多少は安く請け負ってくれる。⇒身内や知人が余程暇で、本業に影響がでないのであれば、多少の値引きはあるのかも?

身内や知り合いに内装工事を依頼するデメリットは?

①その人との力関係によるが、自分の要望を遠慮なく伝えることが難しい。お金を貸してくれる親、もしくは地元の先輩など、誰が依頼者だか分からないような関係となり、やり場のない不満が残ることも。

②工務店ではあるが、普段は住宅の施工ばかりで、商業施設の施工経験はなく、提案力がない。店舗内装のイメージや設備・什器の提示や調査は、自分自身で行動しなければならない。

 

 

インターネット検索した業者に頼むメリット・デメリット

では、インターネット検索した業者に頼むメリットは?

①商業施設の内装工事に特化した業者も多いので、最新のトレンドの提案を受けられる。また、工事には失敗がつきものです。工事例が多い業者は、失敗も多く経験しています。出店済みのテナントから受けたクレーム(作業動線・作業効率など)は、あなたの工事に活かされ、快適な店舗運営を手助けするでしょう。

インターネット検索した業者に頼むデメリットは?

①信頼できる業者であるのかの判断に悩む。マイホームを購入する程ではない金額ではあるが、ローンを抱える=収入は自分次第 であれば、事業資金の借り入れは、マイホームの購入以上の決断です。良心的な業者であるのか?工事代金は適正なのか?あなたには判断できますか?

どちらを選択してもメリット・デメリットはあります。どちらを選ぶかは、ご本人次第です。上記の記事を参考に、ご自分のキャラクターにあった方法を選択してください。

希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
クリックして希望条件登録!!
希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
空室物件検索【事業用】
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、22年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
arrow_upward