10:00~19:00
水曜日
2018年12月12日
【アパート管理】

アパート管理で建物巡回は大事な業務です。建物巡回で隣地の不法行為に気づきました!

管理マンションの建物巡回では、色々な発見があります。

不動産オーナーの資産を守るためには、地味ですが大切な業務です。

先日の建物巡回での「気づき」の一例をご紹介します。

隣地からの自動車の越境で管理マンションのフェンスが曲げられてしまいました。

管理物件を定期巡回していたところ、駐車場を囲うフェンスが変形していました。

外部から内側へ曲がっていることが明らかだったため、隣接した駐車場を管理する

法人さんへ報告したところ、すぐに謝罪と原状回復の意思表示をしていただけました。

今回の様に責任の所在が明確であり、良心的な相手方ばかりではありません。

アパートのフェンス、ごみ置き場、花壇が、いつの間にか破損していた。

敷地内に家電、粗大ごみ、自転車等を放置された。など・・・

この場合アパートオーナーの多くは、泣き寝入りすることが多いのではないでしょうか?

日常の建物巡回で、こういった不法行為を早期発見ができれば、責任の所在を

判別しやすい事もあるはずです。

地味な仕事ですが、建物巡回の大切さを改めて再認識できた事案でした。

この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、23年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
arrow_upward