10:00~19:00
水曜日
2018年05月23日
【事業用賃貸】

事業用定期借地権(事業用借地権)

定期借地権利には主に3種類あります

・一般定期借地件権

・建物譲渡特約付借地権

・事業用定期借地権

の3種になります。それぞれ期間の定めや土地の返還方法などに違いがありますが

今回は事業用定期借地に絞って説明します!

事業用定期借地

・事業を行うことを前提に土地を貸す

・存続期間は10年以上50年未満(10~30、30~50年)

・10~30年については更新、借主による建物買取請求は無、

 30~50年に関しては契約時有無を設定

・契約満了後の建物は借主にて解体、更地返し

・公正証書による契約

 

居住用ではなく事業の為に土地を賃貸借するということがポイントになります。

 

メリット・デメリット

居住用と比べて存続期間が短く設定できるため、子供や孫が将来家を建てる土地

を残したいが、今は必要ない、又は、住宅を建てるには不向き(交通量が多い道路

露に面しているなど)に有効的です。

また、相続税評価の際自由な土地活用ができない状態の資産なので、

税金を試算するときの土地の評価額が下がります!

この時、賃貸借の存続期間も影響するのでご注意ください。

貸主側のデメリットは用途が事業に絞られるため借主が限定されることです。

借主側は購入と比べ初期費用や税金といった費用面での支出を抑えられるが、

期限を迎えると更地にして返さないといけないというデメリットがあります。

 

様々な事由にて当てはまりますが、事業内容や考え方でデメリットはメリットに

変わることもあります。

中長期的な計画を立て、国が定める制度を効率的に利用したいですね。
 

【ロコスト不動産】 お問合せ先⇒TEL:0562-85-3671

クリックして希望条件登録!!
希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
希望条件登録
クリックして希望条件登録!! 希望に近い物件情報を提案させていただきます!!
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
空室物件検索【事業用】
愛知県内にてエリア別に物件検索!!
この記事を書いた人
筒井 幸平 ツツイ コウヘイ
筒井 幸平
事業用(テナント・工場・倉庫)賃貸は居住用と違い、数も少なく収支も関係してくるので、現状ある中から選ぶというわけにもいきませんよね。
愛知県内の情報はできるだけ早く、貴方(御社)にとって有益な情報をできるだけ早くお届けします!!どうぞよろしくお願いいたします。
【経歴】 1981年9月30日生まれ 2児のパパです!
出身地:静岡県
最終学歴:日本体育大学・横浜医療専門学校
2017年6月:日テレ特番【DIET VILLAGE/ダイエット・ヴィレッジ】出演   
arrow_upward