10:00~18:00
水曜日
2021年05月13日
【知多半島北部3市1町 地域情報】

東海市荒尾町 台湾まぜそばはなび東海荒尾店 東海市に黒船来襲だ!

ステーキハンバーグ&サラダバーけんというファミレスがありました。いや、あります。
その出店の手法から、やり手の創業社長は、ロードサイドのハイエナと注目されて、テレビにもよく出演されていましたので、ご記憶の方も多いのではないでしょうか?

マスコミへの露出の多かった社長は、けんの料理は毎日食べても飽きのこないものを目指しているといった発言をされていました。なるほどそういうものなのかなあと感心していましたが、全国に200以上あった店舗は縮小の連鎖が止むことなく、現在では12店舗まで減少してしまい、愛知県では完全撤退してしまいました。また、旧運営会社は破産して2021年3月4日に法人格が消滅しました。

今では、食べ飽きるまで通い続けてみる事もできなくなってしまいました。

この頃では、ファミレスやコンビニでも食べられるようになった『台湾まぜそば』全国に誇れる名古屋めしに成長しました。

大府市の不動産会社「ロコスト不動産」が食べ歩くシリーズの55回目は・・・ 

東海市荒尾町 台湾まぜそばはなび東海荒尾店 です。⇒ 食べログ

今更ながらであり、わざわざ紹介する必要もない有名店です。台湾まぜそばの代名詞、麵屋はなびのフランチャイズ店のご紹介です。

弊社では、麺屋はなび緑店出店のお手伝いをさせていただきましたが、それからの出店スピードは目を見張るものがあり、現在では海外へも出店されています。

 台湾まぜそばや家系ラーメン、ココイチなどの胃もたれ系は、毎日は無理ですが、数ヶ月に1回くらいのペースではなぜだか食べたくなってしまいますよね?

喉元過ぎれば胃もたれ忘れる!なんて格言があったのでは?と思い違いをしてしまいそうなくらいに、胃もたれ系は、体調の良い時だけではなく、二日酔いの時にも身体が欲する事があります。

このように胃もたれ系は、中毒性、常習性があり、再来店率が高い印象です。あなたもいずれかの胃もたれ系チェーン店の中毒客になってはいませんか?

先日、横浜家系ラーメン 麵屋びっぷ知多本店の記事にて、家系ラーメンを運営する大資本による知多半島進出が時間の問題との指摘をさせていただきました。

一方で油そば、まぜそばを主力商品とする大資本はまだ存在していないようなので、歌志軒やはなびが、知多半島へのフランチャイズでの出店を虎視眈々と狙っているのではないでしょうか?

歌志軒やはなびの出店も嬉しいですが、オリジナルブランドの油そば、まぜそばの個人店開業者が出てくれば、もっと嬉しいです。インパクトのある胃もたれ系フードは、集客についての経験や認識の乏しい開業初心者にとっても相性のいいメニューです。もし、そんな方がいらっしゃれば、弊社までお問い合わせください。貸店舗探しのお手伝いをさせていただきます。

台湾まぜそばはなび東海荒尾店

所在   愛知県東海市荒尾町寄亀64

営業時間 月~金
     昼 11:00~15:00 
     夜 17:00~22:00

     ​土日祝
     11:00~22:00

定休日  不定休

駐車場  複数台あり

この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、23年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
arrow_upward