10:00~18:00
水曜日
2020年12月12日
【知多半島北部3市1町 地域情報】

大府市明成町 アピタ大府店にて献血をしてきました。27年ぶりの献血でした。

冬は献血する人が減るからか、輸血用の血液が不足するようです。

ボランティア活動に時間を割くことは出来なくても、献血であれば、30分ほどで協力ができます。

いつかは、貴方も輸血を必要とする手術を受けることになるかもしれません。

お互い様の精神です。気軽にできるボランティア「献血」を健康な身体に感謝するいい機会と捉えて協力してみては如何でしょうか?

2020年12月19日(土)アピタ大府店に献血バスがやってきます。30分で協力できるボランティアに参加してみてはいかがですか?

今日は管理アパートの水道検針の途中にアピタ大府店に立ち寄りました。

土曜日で賑わう中、車を駐車する際に、献血バスが停まっているのに気が付きました。

気温も低くなく、陽気のいい天候だった事と、先日、不用品の片づけをしている際に見つけた27年前の献血手帳を車に置いていた偶然が重なり、今日は久しぶりに献血をしてみようと思い立ってバスに向かいました。

献血バスの外では、赤い服を着たスタッフの方が献血協力者の対応中で、しばらくの間、石油ストーブの横に準備されたパイプ椅子に座り待つことになりました。

程なく呼ばれて、本人確認、病歴、海外渡航歴などをヒヤリングとタッチパネルで確認され、新しい献血カード他一式のファイルを渡されバスに乗り込み、今度はお医者さんの問診、血圧の測定、看護師さんによる血液型の事前判定などを行います。

それらをクリアしてやっと献血です。献血自体の時間は、個人差があるようですが、私の場合は、400mlの採血で10分もかかりませんでした。

スタッフの方に今日で何人の人が献血してくれたかを聞いたところ、14時の時点で、30名程の協力者がいたそうです。ちなみに、本日は40名を目標としているとの事。

私が献血した後にも人が途切れる事なく並んでいましたので、目標は達成出来そうです。

献血協力者は老若男女に偏りがなく、60代くらいの男性も2名ほどお見掛けしました。

調べたところ、献血は69歳まで協力できるそうです。27年間遠ざかっていた献血ですが、これを機会に定期的な協力を続けていくことを誓いました。

私も50歳を過ぎて、いつ輸血を受ける側になるかもしれません。お互い様の精神を持ち続けたいものです。

献血バスの運行スケジュールは、⇒ 愛知県赤十字血液センターホームページ

来週もアピタ大府店にて献血バスがやってきます。30分で出来るボランティアに皆さんも協力してみてはいかがですか?

 

2020年12月19日(土)

献血会場:アピタ 大府店 大府市明成町4-133

※400mL献血のみの受付となります。

受付時間:9:30~16:00(途中で昼休憩あり)

この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、23年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
store

会社概要

ロコスト不動産㈱賃貸住宅管理の大家さん
arrow_upward