10:00~18:00
水曜日
2020年11月15日
【知多半島北部3市1町 地域情報】

大府市柊山町 ふじ寿司 店先とカウンター脇に水槽が設置されています。新鮮な魚を提供してくれそうで胸躍ります!

親子3代で通い続けているお店が、テレビを観ていると取り上げられたりすることがあります。

地域住民が多く、商店も多い大都市には、そんなお店も残っているのでしょう。しかし、

我々の住むような、ビジネス街周辺のベットタウンには、胸を張って我が子に店を継がせ

ようといった個人経営者が少なくなってきました。残念でなりません。

本日であったお店は、お手頃な価格でしっかりとした美味しいお寿司を食べさせてくれる

雰囲気のあるいいお店でしたが、跡継ぎさんはいるのだろうか?気になりました。

美味しい魚を少量ずつ食べたい。肉から魚へ嗜好が変わってきたおじさんやおばさんにおススメの店です。

大府市の不動産会社「ロコスト不動産」が食べ歩くシリーズの39回目は・・・ 

大府市柊山町 ふじ寿司 です。⇒ ふじ寿司HP

大府市で長年仕事をしていて、気にはなっていたが一度も訪れたことがなかった店です。

回転ずしが外食産業の中で大きな位置を占める様になり30年近くが経つのでしょうか?

寿司は今では子ども連れで訪れるのに、お手頃な外食と認識される存在になりました。

私くらいの年齢(50歳)で、それほど裕福に育っていない者であれば、お寿司はハレの

日のご馳走で気軽に食べられるものではない認識だったように思います。

しかし、良くも悪くも回転ずしがお寿司をいただくことのハードルを下げたことにより、

お寿司が日常的な食べ物に引きずり降ろされた感があります。

日本の各地で地域住民のハレのお祝いに活躍してきた、街の個人経営のお寿司屋さんが、

あちらこちらで姿を消す姿をこの何年もずっと見てきました。

知多半島北部3市1町の個人経営店舗を応援する、ロコスト不動産ブログとしては、この

事態を放ってはおけない衝動に駆られました。そこで、普段はラーメン屋さんにしか足が

向かなかったことを反省して、地域で頑張るお寿司屋さんにも目を向けてみようと思い立

ち、その記念すべき第一号が、今回の大府市柊山町 ふじ寿司です。

今回はランチタイムにお邪魔しました。カウンター席にはサラリーマン風の男性が一人。

テーブル席には職人風の男性2人、高齢の家族らしい客が5人ほどと賑わっていました。

失礼ながら、私のイメージする、郊外の個人寿司店のお昼の風景ではありませんでした。

店先に大きな水槽があって、店内カウンター手前にも水槽が安置されていて、ネタケース

にもたくさんの種類の柵取りされた魚が並べられていました。

この品揃えから、ふじ寿司は、間違いなく繁盛店なんだと確信しました。

おかみさんに、ランチメニューについて質問すると小さなアルバムのようなメニュー表を

渡してくれたので、満腹定食1,000円(外税)ランチを注文しました。

写真で撮り忘れましたが、こちらのお寿司はネタが1cmくらいの厚みがあり、もっち

りしっかりと握られたシャリと相まって、贅沢している幸福感を抱かされる逸品でした。

個人店のお寿司屋さんでも、この種類の魚をこれだけの値段で提供できるのだと感心しました。

小さなお子様連れの方には、回転ずしをおススメしますが、大人のお客さんにはおススメです。

ハレの日には、地域に根付いた個人経営のお寿司屋さんで、ちょっと贅沢をして、大人は

寿司屋を自分のお金で利用できるようになったことを誇らしく思い、子どもはそんな大人

の嬉しそうな姿と店の風景、店主の笑顔を思い出に焼き付けて、次の世代に続けていく。

チェーン店では味わえないものが、あなたの地域の個人店には残されていますよ。

ふじ寿司

所在 大府市柊山町4丁目219

営業時間 11:00~14:00

     17:00~21:30

定休日  木曜日

駐車場  店舗南側にあり

この記事を書いた人
山端 徳幸 ヤマバタ トクユキ
山端 徳幸
不動産業務に従事して、23年になります。
不動産にかかわるお困り事は千差万別です。 セカンドオピニオンを求める先として、皆様のお力になることができれば幸いです。
store

会社概要

ロコスト不動産㈱賃貸住宅管理の大家さん
arrow_upward